【 ブログ 】


12/9 陶芸体験会を開催いたします

【 自分で使う器を自分で作ってみませんか? 】

大皿や小皿や、茶碗や汁椀、片口や八寸などなど。用途に応じて様々な器を使うのも和食文化の素晴らしいところですよね。

皆さまの茶箪笥のなかには、お好みの器をお持ちのことと存じますが、そのなかに手作りの器を加えてみるのはいかがでしょうか?
愛着のある器を使うことで、食事の時間がより楽しくなることと思います。

この度、食育大学では世田谷区の経堂にあるまだん陶房で「手作り陶芸体験」を企画いたしました。
講師は笑顔のとっても素敵な李先生。
料理人でもある先生の作品は、どれも個性的ながら作り手の優しさが伝わってくるような作品ばかり。
初めての方でも優しく教えて下さいますので、安心してご参加ください。

また、器作り体験終了後には食育大学スタッフによる味噌炊き込みごはんと味噌汁の作り方の講習を行います。

皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

---------------------
茶碗作り体験会
---------------------
日時:2017年12月9日 10:00〜12:00
内容:茶碗づくり体験(90分)
           味噌炊き込みご飯と味噌汁講習(30分)
会費:3,000円(税込)
会場:まだん陶房
           東京都世田谷区宮坂3-6-2
           http://www.madantobo.com/
           小田急線経堂駅より徒歩7分

申込:①参加者氏名
           ②メールアドレス
           ③当日連絡のつく電話番号
           上記を食育大学事務局にメール
           shokuikudaigaku@gmail.com

           会費は当日現金でお支払いください
 
主催:食育大学 事務局
問合:shokuikudaigaku@gmail.com

---------------------
食育大学について
---------------------
食育大学は「食を生活のまんなかに」 を理念とし、幅広く食の知識を沢山の方に身につけていただきたいという想いで運営しています。
次世代に食の大切さを伝えたいという方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

#食育大学
#shokuikudaigaku

【 講師紹介 】東京公開講座第1講

■講師紹介


食育大学東京公開講座の第一弾の講師は、新潟県西山町にあります『ひまわり歯科医院』の鈴木公子先生です。


鈴木公子先生は、いつも元気でパワフル。

本業の歯科仕事の他に全国で講演活動を精力的にされていらっしゃいます。

何十年か前は「病気のデパート」と言われるほど、様々な病気で身体はポロポロだなんて今の公子先生からは全く信じることができません。


身体が生まれ変わったきっかけは『食生活の見直し』。ご自身の経験から、食の大切さを歯科医の立場からわかりやすく説明。

“公子節”による講演は面白すぎて時間があっと言う間。講演内容は何か今日から一つでも実行してみようと思える、身近な食べ物や食べ方の指南ですから、老若男女どなたでも楽しむことができます。


特に小さいお子さんを持つお母様に『いのちの入り口』である口の中と食べ物のお話を聞いていただきたいと心より願います。


ちなみにこの文章を書いている食育大学企画室の土岐山の折れた前歯。都内の歯科医院10件程に問い合わせたらどんなに早くても3日かかると言われましたが、公子先生にSOSをしたところ「これからおいで!30分で治してあげる!」と、3時間かけて新潟に移動。

ひまわり歯科医院に着き、本当に治療から30分で新しい前歯を作られ、完璧に治してくださいました。

ちなみにひまわり歯科医院では待合室で無添加食品が売られております。


■鈴木公子先生プロフィール


1984年日本歯科大学新潟歯学部卒業。

長岡市関歯科医院勤務後、1986年ひまわり歯科医院を設立。 

学生の頃より心臓病、子宮内膜症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性角膜潰瘍による数回の角膜剥離、椎間板ヘルニアなど多くの病気を経験。

食事療法との出会いによって病気を克服し、不可能といわれた出産も果たした。

歯と食事のこと、噛むことの大切さを診療や講演、料理講習会を通じて伝えている。

学校・保育所の歯科医も務める。


ひまわり歯科医院ホームページ

http://www008.upp.so-net.ne.jp/himawari-shika/


■調味料講座


講義の後に食育大学代表の播磨理江による調味料講座を行います。


第一回から第四回までそれぞれ「塩、砂糖」「みりん、酢」「醤油」「味噌」の講座の中でテイスティングなどもやっていきます。

良質な食は良質な調味料から。

「選ぶ力」を身につけることで健康な食生活を送っていただきたいと思います。


四回全て受講された方には食育大学より修了証を発行いたします。


■講義内容


第1講 2017/11/18

            講師:鈴木公子先生

                       ひまわり歯科医院 院長

            調味料講座:醤油・味噌

            

第2講 2018/1/20

            講師:内田美智子先生

                       助産師・内田産婦人科医院

            調味料講座:酢・みりん


第3講 2018/2/17

            講師:タカコナカムラ先生

                      一般社団法人ホールフード協会 代表

            調味料講座:砂糖・塩


第4講 2018/3/17

            講師:安武信吾先生

                       西日本新聞編集委員

            調味料講座:オイル


■講義時間・会場 ( 全4回共通 )


時間:13:00〜16:00

会場:経堂すずらん会館

           〒156-0051

           東京都世田谷区宮坂3-13-6


■受講費用


1講義につき 6,000円 ( 消費税込 )


■振込先


三菱東京UFJ銀行 大阪営業部 普通 0859385

カ)ビーンズアール

※振込手数料はご負担下さい


■申込方法


①申し込まれる日程・氏名・連絡先をメールでお知らせ下さい

②受講費用をお振込下さい

③お振込確認後、お申込み完了のお知らせをメール致します


■問い合わせ


食育大学事務局

播磨・土岐山・粕淵

shokuikudaigaku@gmail.com

【 食育大学東京校第1期の延期及び公開講座のお知らせ 】

日頃食育大学に関心を寄せてくださいまして、ありがとうございます。
こちらをご覧くださる皆様にお詫びとご報告がございます。

10月より開校を予定しておりました東京校第1期ですが定員に満たないため、来年4月の開校へと延期させていただくこととなりました。
ご検討くださっております方々へ心よりお詫び申し上げます。

東京校、大阪校へのお問い合わせの中で体験会や公開講座の希望も多くいただいておりましたため、来年2月までの間に4回、公開講座を開催させていただきます。

内容は
・食育大学の講師による講演
鈴木公子先生、内田美智子先生、タカコナカムラ先生、安武信吾先生

食講座〜四回に分けて基本の調味料講座を行います。
化学調味料と天然調味料の違いを学ぶことができます。
四回全て通われた方には、食育大学より修了証を発行いたします。

公開講座開催日程は下記を予定しております。
詳細が決まり次第ご報告致しますので、お待ちくださいませ。

2017年 11/18
2018年 1/20・2/17・3/17

【食育大学大阪校第二期生追加募集のお知らせ】

日頃食育大学に関心をお寄せくださっております方々、いつもありがとうございます。

今月15日よりいよいよ食育大学第二期が始まります。
定員に若干空きが出ましたため、追加募集のお知らせをさせていただきます。

食育大学の理念は『食を生活のまんなかに』
食べることは生きることという言葉の意味を、豪華講師陣の講演を間近で聞くことでもう一度深く考え、さらに日々の食卓をより楽しいものにするための基本を簡単な実習とともに学びます。

自分だけが学んで終わりではなく、さらにその学びを食育大学の卒業生として世の中に広めていくことができるような情報も提供し続けております。

食育大学は2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が日本で12番目に認定したユヌスソーシャルビジネスの認定校となっております。

食育大学って、どんなとこ?どんなことをするの?と、食育大学にご興味をお持ちの方、食育大学の一期生が食育大学の感想文を書いてくれました。
ぜひこちらをご一読くださいませ。

https://www.shokuikudaigaku.com/受講生の声/

食育大学の特徴は少人数であること。そしてグループワークなどを通じて絆がより深まり、食育の活動をしていくための、心強い仲間もできます。

講義が終わった後の懇親会も楽しみの一つ。
そしてみんなでバスに乗っての遠足や清風高校さんのホールをお借りしての卒業式、漫画家の魚戸おさむ先生がデザインされた世界で一つだけの卒業証書。
ジャーナリストでカメラマンの小平尚典さんが撮った写真で作る卒業アルバムなど、食育大学ならではの取り組みがギッシリ詰まった全6回の講座。

食育大学の一員として、世の中の食卓を豊かで愛溢れるものにしていく活動を共にしていただけましたら嬉しいです。

皆様の入学を食育大学スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

食育大学スタッフ一同

卒業アルバム

皆様こんにちは

食育大学企画室です


おかげさまで食育大学は募集定員40名に達しました

4月23日より講座がいよいよスタートいたします


そんな食育大学での思い出を一冊の卒業アルバムにして卒業式にお渡ししたい、、、

そんなことを思っておりましたらプロのカメラマンさんがご協力くださることとなりました


この度食育大学の撮影を快諾くださいました小平尚典さんのプロフィールをご紹介いたします


ー日本大学芸術学部写真学科を卒業。大学卒業後、渡英。1980年に新潮社FOCUS(フォーカス)専属カメラマンとして、FOCUS創刊に参加。1987年米国ロサンゼルスに移住、今度は世界を相手に取材活動を開始する。

孫正義、ビルゲイツなど、世界の顔をスクープし続ける。2009年に22年間の米国生活にピリオドを打ち帰国。現在は東京在住で、米国での経験を生かしメディアプロデューサーとして活躍。コヒラ・パーソンズ・プロジェクト代表取締役。GSI取締役。オクタビアレコード取締役。GOHANソサエティー東京事務局長。


著者多数

特に多くの話題を呼んだ日航機墜落事故の写真集『4/524』は、報道カメラマンで最初に御巣鷹山に入ることを許された者として、忘れてはならない史実を残す。


日本を代表する俳優のスチール写真の撮影も多くにわたる。

最近では8月26日より公開の岡田准一さん主演の映画『関ヶ原』のスチール写真を担当。

また、雑誌ウェッジでの連載など、ジャーナリストとしての一面も見せるー


プロのカメラマンによる撮影での卒業アルバム

卒業生の思い出に残る一冊になれば嬉しいです

本当に食育大学に入って良かったと思ってもらえるような学校にしたい

食育大学スタッフ皆の思いです